経鼻内視鏡・胃カメラ・大腸カメラ

 

 経鼻内視鏡検査・日帰り大腸ポリープ切除

 

 

直径わずか5.9mm、従来の内視鏡スコープのおよそ半分の

直径の内視鏡です。

舌根への圧迫が少なく従来の内視鏡検査と比べ苦痛が少なく

なりました(オェオェせずに検査中おしゃべりもできます)。

 

ボールペンと比べてもその細さが分かります
(女性スタッフの小指よりも細いです)


 

 

 2015年の実績 new!

   上部消化管内視鏡検査(胃カメラ):245件
   下部消化管内視検査(大腸カメラ):109件

   上部内視鏡検査では、胃癌の発見はありません でした。
   ピロリ菌の除菌治療などがかんがえられ ました。
   代わりに逆流性食道炎が増えている印象 があります。
   昨年当院では、7例の大腸癌を発見しました。
   そのうち、2例は当院で内視鏡的手術で
   治療が完結しました。


   (参照:右図は国立がん研究センタープレスリリースより
    http://www.ncc.go.jp/jp/information/
    press_release_20150428.html) 

 

 

 

 

 

私と経鼻内視鏡の出会いは確か2002年の横浜での

日本消化器関連学会(DDW)でした。
あれから、9年医療機械の進歩やこの経鼻内視鏡検査

の普及には目を見張るものがあります。

 

 

 

 

 

大腸内視鏡検査では、腸を空っぽにするため事前に下剤や

洗腸用の検査薬(液体約2リットル)を飲んでいただく
必要があります。
そのため予約が必要となります。
土曜日の検査も受け付けております。
TEL054-288-2111